• アルミ縞板 スロープ加工2021年05月15日更新

    IMG_2776

    用途  : アルミスロープ

    サイズ : W900 x D500 x H150

    部材  : アルミ縞板 5本線

    図面  ; ポンチ絵

    加工  ; 曲げ加工

     

    店舗の出入り口の段差解消のためのスロープになります

     

    設置後、たまに取り外しするのでなるべく軽く強くして欲しいと要望がありましたので、補強を普段より多めに入れることにしました

     

    曲げ加工が入れられる部分はとにかく曲げて強度を出していきます

     

     

    IMG_2924

     

    今回はボルト締めではなく溶接加工で仕上げております 溶接加工だと多少ゆがみが出ますがボルトが取れるなどの心配がありません

     

    弊社はアルミ縞板専門店なので、見栄えも重視します

     

    ですのであまり見えない内側の補強は、価格の安い平板で加工しても良いのですがあえてそこはスロープと同じ柄模様の5本線の縞板で加工していきます

     

     

    ただの遊び心だけで使用しているわけではなく、補強材としても同じ板厚ならば平板より縞板の方が強度が優れておりますし、見た目もかっこいいと理由があります

     

    見えない部分にもかっこよさを追及するのが専門店です

     

     

    アルミ縞板 スロープ加工

    アルミ縞板 スロープ加工

     

    補強と先端の隙間は設置部分のコンクリートが当たる部分になります

     

    今までは砂袋を入れたり木材などを入れて段差を解消していたので、店舗の見栄えも悪く困っていたとのことでした

     

    アルミのスロープは強度、軽量だけではなく、見栄えの良さがあるので探していたとのことです

     

     

    商品引き渡しの流れとしては、

    大まかなサイズと仕上がりイメージを確認 → お見積り → お振込み → 製作 となります。

     

    ※アルミ縞板 専門店 ALMIXでは様々なご要望をお聞きし、常に新しいことに挑戦することで、お客様により良い商品を提案販売出来るよう心掛けております。

     

    難しい形状であったり、通販では価格面で無理だろうと諦める前に、一度弊社にお問合せ頂けると嬉しいです